ドラマと映画と日常と byカッパ

テレビドラマや楽しい情報。メインブログ「東京・ミニシアター生活」の補助情報など。

〔AD〕

【2019年夏ドラマ】8月は夏ドラマ、そろそろ折り返し! ピックアップドラマの現状の期待値

f:id:kappa7haruhi:20190820015532p:plain


夏ドラマも後半にかかってきたところで、ピックアップした各ドラマへの期待値をまとめてみた。

『監察医 朝顔』月曜 フジテレビ系 21時〜

遺体に手を合わせて「教えてください…」という毎回のシーンも嫌味にならない、朝顔演じる上野樹里の説得力が素晴らしい。派手ではないが人気あるドラマの底力を毎回感じる。
4/12放送の第5話、最後には、朝顔の出産後にすぐさまワープ、第二章の始まりを見せた。上野樹里、母親の顔もハマっていていいムード。新キャスト・杉本哲太も登場、事件ものよりもホームドラマ寄りになってきていたムードが一新。新たな方向性にも期待したい。(期待度 ★★★★☆)

www.fujitv.co.jp


『TWO WEEKS』火曜 関テレ・フジTV系 21時〜

難病、冤罪、偶然、悲恋、派手な逃亡など、大味の要素がどんどん登場する。第五話では、流れ着いた港で、偶然因縁ある人物の子どもに見つけられるという・・・。無理ある設定が目立つが、そこは韓国ドラマのリメイクということで、否定せずに一つの醍醐味として味わうよう切り替えルといいだろう。三浦春馬、三浦貴大、比嘉愛未、高嶋政伸らのシリアスパートはいいのだが、芳根京子に負わせるパートが半分近くあり、若干力不足かミスキャスト感を受ける。今の芳根京子には強くあるべき正義より、歪んだキャラクターの方が合うのではなかろうか。
しかし、第5話最後で、三浦春馬演じる結城と、芳根京子演じる楓が合流した。ここから両パートの掛け算となれば一気にパワーアップするかも?(期待度 ★★★☆☆)

www.ktv.jp

『偽装不倫』水曜 日テレ系 22時〜

安定の杏が主演のドラマ、ということで相手役にあたる宮沢氷魚も、程よい王子様感でいいペースを保っている感じ。対になるカップルとして、仲間由紀恵演じる姉・葉子の方が、実は本物の不倫をしているわけだが、若い不倫相手(男本人は不倫とは知らない)の瀬戸利樹はシンプルに、可愛くもボクシングに打ち込む年下男を好演している。そして夫役・谷原章介の方が見所で、胡散臭さと粘着性で、なかなかいい味を出し始めている。葉子の三角関係が今後、サスペンス感や泥沼感を増すだけ、メインカップルのピュアさを落ち着いて見られるわけだし、今後谷原演じる賢治がどれだけ気持ち悪くなれるかが、このドラマのカギのような気がする。(期待度 ★★★★☆)

www.ntv.co.jp

 

『ルパンの娘』木曜 フジTV系 22時〜

奇跡の30代・深キョンがコスプレ欲求を満たすコメディ。ロミオとジュリエットのパロディ曲、一度は挿入されるミュージカル、小沢真珠、渡部篤郎、どんぐりのファミリーのいいバランス、そして感情表現を苦手とする栗原類の演じる兄の設定もうまく辻褄があっていて、至れり尽くせり。視聴率が振るわないというのは残念。難を言えば、加藤諒のミスキャスト感(セリフもうまく回っていないじゃないか)、瀬戸康史が深キョンとのバランスだと今一つイケメンに見えないところ。そして深キョンのアクションが残念で。水泳得意なスポーツウーマンのはずなのだが…。綾瀬はるか(贅沢を言えば清野菜名)のアクションのような、眼を見張るものは感じられず。タンカを切るのも甘え口調な深キョン、可愛いだけじゃないところを見せて欲しい。(期待度 ★★★☆☆)

www.fujitv.co.jp

『凪のお暇』金曜 TBS系 22時〜

この1〜2回分の中で、ヒロイン・凪がゴンとの恋愛に踏み込み、ハマり、卒業した。ゴンタイプの男性はそこそこ現実に存在し、メンヘラ女子も同じ数以上に存在するのではなかろうか。そんな恋の泥沼をエンエンと描かなかったところにも好感を感じる。黒木華もますます等身大感を発揮。高橋一生演じる慎二の天邪鬼キャラもハマっており、ハズレの回はなく、毎回ワクワク感がある。ギリギリ10%を切っている視聴率が、もう一歩伸びることにも期待したい。(期待度 ★★★★★)

www.tbs.co.jp

今回はここまでです。お読みいただきありがとうございます。

 

 

 

(本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)